年齢化粧品|アラフィフのエイジングケア > 間違ったお手入れ > クレンジングでしっかり落とすのが悪いワケ

クレンジングでしっかり落とすのが悪いワケ

肌によいクレンジングはありません。

クレンジングをしっかりすればするほど、肌に負担がかかっているのです。

クレンジングには、メイクを浮かせるための油分とメイクを水と混ぜて乳化させるための界面活性剤が含まれています。

クレンジングするたびに、これが肌の潤いを溶かして出してしまいます。

しっかり落とすためにはクレンジング剤が必要ですが、クレンジング剤は慎重に選びましょう。
そこで少しでも肌にやさしい選ぶことが必要になります。

 

最近のメイクアップは崩れにくく、肌への密着度も高くなっています。特に加齢による肌の症状が気になる40代以降は、毛穴を目立たせないようにとか、シミが目立たないようにということで、肌にフィットしたファンデーションを好んでつけています。

「メイクを素早く落とす」クレンジングこそ危険

そして、テレビCMでも最近よく見かけますが、そういうメイクを簡単に素早く落とすクレンジング料がどんどん開発されています。

「メイクが素早くスッキリ落ちる」と早さや簡単さをウリにしている商品には、界面活性剤が多く含まれてます。毎日、こういったクレンジングを使い続けると肌に負担をかけるだけでなく、肌を傷めることにもなります。

また、「しっかり」と落とすものは洗浄力が強いので肌に負担がかかります。肌へのダメージを最小限にするためには、洗浄力がちょっと「ゆるめ」のものでいいのです。

年齢の影響が気になる方は、より一層、クレンジングに注意が必要です。

通常はクレンジングの後に洗顔料で流すダブル洗顔をしているので、両方でメイクが落ちればいいのです。

メイクは油。クレンジング剤と石鹸のダブルがおすすめ

おすすめは、適度な固さのクリームタイプか、油分を含む乳化ジェルタイプ。

拭き取りタイプよりも洗い流すタイプが肌への負担が少なくて済みます。

そうして選んだクレンジング料も、肌へやさしいからといって時間をかけてクレンジングをしてはいけません。

クレンジング料には界面活性剤が含まれていますから、サッと伸ばして1分以内ですすぐようにしましょう。

この時点で6割のメイクが落ちていればOKです。

2017年 初夏におすすめコスメ


キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。