年齢化粧品|アラフィフのエイジングケア > 間違ったお手入れ > コットンを使用するスキンケアはまちがい

コットンを使用するスキンケアはまちがい

就職のときに「美容講座」みたいなものがありませんでしたか?
年齢化粧品を使う年代の女性は、「あるある」かもしれません。

某大手美容部員の人たちのアドバイスにより、化粧水をつけるときにコットンを使っていることが多いようですが、これは間違ったスキンケアの一つです。

化粧品メーカーの美容部員さんに聞いたところ、「コットンを使うほうが衛生的だから」ということでした。

しかし、洗顔をした時点で手は十分きれいになっています。
コットンの保存状態が悪ければ、コットンのほうが不衛生ということも考えられます。

手の平には吸収されません

そしてもう一つ。
化粧水が手の平に吸い取られるから「もったいない」という説もあります。

でも、手は触れたものを瞬時に吸収してしまうことはありません。

両手で取った化粧水が手の平に吸い取られるというのなら、手ですくった水も手の中に吸い取られるはずですが、そういうことは起こりません。

以前、使用後のコットンを絞ったことがありますが、かなりの量の化粧水がコットンに残っていました。
これこそが「もったいない」です。

コットン使用の奨励は、化粧品メーカーの販促の一環に過ぎません。

また、化粧品を手でつけるとムラになるとか、掌が栄養を吸収してしまうというのも俗説です。

皮膚科の薬などは手でつけますが、治り方にムラが出ることはありません。

年齢肌は意外と傷つきやすい

それよりもコットンを使ったスキンケアのほうに問題があります。

コットンの繊維が肌に触れると、目に見えない小さな傷がつくことがあるので、その傷から外的刺激が進入して肌に炎症を起こし、それが慢性化すると、シミやシワの原因になることもあります。

コットンでしっかりたたき込むことを励行していた人の中には、全体に肌がくすんでいたり、まだらなシミのようになっていることもめずらしくありません。

スキンケアはすべてコットンを使わず手で行っても問題がありません。
化粧水も美容液も乳液も全て手でつけましょう。

両手の平に化粧品を軽く広げ、頬を包むように軽く押さえます。細かいところは、中指と薬指の腹でなじませていきます。自分の手と指を使うことで肌の状態も確認することができます。

2017年 初夏におすすめコスメ


キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。