保湿に欠かせないセラミドって?

 

健康な肌の角質には約20%の水分が含まれています。

これが20%以下になってしまう状態を「乾燥」といいます。
人の肌には水分を守る「保湿成分」が生まれたときから備わっています。
が加齢とともに減少していきます。

 

また、肌の水分を守る保湿成分の中でもっとも重要なのが角質細胞間脂質の一種「セラミド」です。

この「セラミド」という成分はよく耳にしているのではないでしょうか。

 

セラミドは水分をサンドイッチ状にはさみ、一度つかまえたらしっかりと離しません。

セラミドと結合した水分子は皮膚の中で保湿の状態を守っています。

 

赤ちゃんのときにこのセラミドの量が一番多いので、赤ちゃんはあのようにぷるぷるとした肌なんですね。

 

セラミドの量は、その後だんだんと減っていき、年齢が上がるにつれ一気に下がってしまいます。

 

このセラミドを含んだ化粧品を使うことが、有効な保湿対策になります。

ただ、セラミドといっても種類が多く、お肌のハリを取り戻す保湿成分として化粧品に使われているのは、主にセラミド2、3、10です。

 

一番保水力が高いのはヒト型セラミドと言われているセラミドです。

 

これは、言葉どおり、ヒトの肌に存在しているセラミドと同じ形をしているので、ほかの合成セラミドや植物由来のセラミドよりも保水力が高いのです。

 

40代以降、ちょっと水分量が少なくなった年齢対策としては、セラミド配合の化粧品を使うのが必須です。

 

セラミドで水分量が増えたお肌は、その上にヒアルロン酸やコラーゲン、ほかの美容成分をつけてもグングンと入っていきますが、水分量が少ないと、高価&効果のある成分も全然入っていかないので無駄になってしまいます。

01位
ヒフミド
CHECK→セラミドはヒフミド
  • 人間の皮膚の角質層にあるセラミドを含むヒフミド。5点セット
  • 今なら専用ポーチ付き!
価格 評価 内容
980円 ★★★★☆
Point!
人の肌にあるセラミドとまったく同じ構造をもつ「天然型セラミド(保湿成分)」を配合した[ヒフミド]を補うことで、肌老化につながる乾燥から守り、肌の基礎力を高めます。
2017年 初夏におすすめコスメ


キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。