年齢化粧品|アラフィフのエイジングケア > 50代の肌 お手入れ法 > 美容液がわりになるアルガンオイルの効果的な使い方

美容液がわりになるアルガンオイルの効果的な使い方

アルガンオイルとは

アルガンオイルとは、広葉常緑樹のアカテツ科のアルガンツリーの実の核から採取されるオイル。


希少価値が高く、100キログラムの実から取れるのは1リットル程度。

原産国であるモロッコでは「生命の実」とも呼ばれていて、ベルベル人が古くから肌を乾燥から守るために使っていたとされています。

アルガンオイルに含まれる成分

オレイン酸
皮脂に近い成分なのでお肌を柔らかくしたり、乾燥から守ったりする効果も!

リノール酸
美白効果や肌荒れ、抜け毛など肌トラブルを防ぐ効果あり。

ビタミンE
ビタミンEには活性酸素を除去する働きがあるため、アンチエイジングに欠かせない成分と呼ばれています。

アルガンオイルを美容液として使う

アルガンオイルを美容液として洗顔の後に使うと効果的ということは良く知られていますよね?

アルガンオイルを1滴~2滴、洗顔後に肌に馴染ませると肌が柔らかくなります。

抗酸化作用や肌の新陳代謝を活発にさせる働きで、シミやそばかすの原因になるメラニンを排出させます。

日焼け防止にも役立ち、日焼けによる炎症も抑える効果もあります。保湿効果も高く、肌がもっちりとします。

アルガンオイルをクレンジング剤に入れて使う

良質のアルガンオイルは肌への浸透性が高いため、クレンジングとして利用すると汚れとともに肌へ浸透してしまうのです。

肌に汚れが肌に沈着したら困りますよね。

いつものクレンジング剤に1~2滴アルガンオイルを混ぜて優しくクレンジングすると乾燥が気になる肌ももっちりとします。

そのほかのアルガンオイルの使い方

アルガンオイルをヘアパックとして使う
ヘアパックとして使うと、髪のダメージを修復しながら保湿を行いまとまりやすくなります。

頭皮が柔らかくする効果もあります。

食用も美容効果あり

食用のものは「飲む美容液」と呼ばれています。良質な脂肪酸であるオレイン酸はコレステロール値を減らし生活習慣病を防止してくれます。

ナッツアレルギーなどで合わなかった際にはお腹が緩くなることもあるため、まずは少量から試してみましょう。

よく売れているアルガンオイルはこれ!

100%未精製アルガンオイル【CODINA】

CODINA Vierge d’Argan Biologique
コディナ アルガンオイル
100mL 4,968円(税込)

コディナ独自の伝統的な製法で丁寧に圧縮搾油し、不純物を取り除いて純度を高めた高品質の未精製アルガンオイル。
モロッコのみに育成するアルガンの木の実から搾油されたオイルは、豊富なトコフェロール(ビタミンE)が特徴です。

<全成分>
アルガニアスピノサ核油(アルガンオイル)

2017年 初夏におすすめコスメ


キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。